いすごときに滅ぼされる世界

どうもー。ジエチルエーテルです。

おばかなライフハックシリーズ第二弾です。



ところで、ここ最近まで、わりと本気で欠陥だらけのダメ人間だって思っていました。

いや、実際そうなんですが。

旧ブログにとんでもねえ失態を書いていたくらいですしおすし。

で、なんかM教 授に

「特化型」

と……

よくわかりませんね。

わたしにはよくわかりません。

で、確かにコミュ力が死んでたり、手先が不器用すぎたり、な んだか日常生活が送れないほどに生活力が低かったりと、ろ くでもないんですよね。

でも、そのかわり、私にしかできないことはあるかもしれなくて、M教授曰く抽象かつ思考に強みがあるとのことだったので、そ の派生で何かないか探ってみました。

ありました。

変なエピソードが。

いすについて考えていたら二徹してしまったうえに、高専祭のことも忘れ、気温の変化に気づかずに衣替えを怠って風邪をひきました。

いすごときのせいで。

いすごときのせいで。

いすごときでこうなる人がマジョリティだったら、間違いなく世界は滅ぶでしょう。

考えなくともわかります。

いすごときに世界が滅ぼされてしまいます。

よろしくないですね。

ただ、まあ、ろくでもない特性ですが、希少価値はあるんじゃあないのかなあと。

ただ、履歴書にはかけませんね。